やはりアパート経営では属性が大事

アパート経営など物件を所有したいという話になると、融資が得られるかどうかというのが一つの軸になってきます。このとき、スタート時点では間違いなくある程度の勤続年数のあるサラリーマンが有利といえます。

銀行などは、個人の属性を見てお金を融資するかどうかを判断するので、信頼という意味ではサラリーマンである期間が長ければ長いほど、お金は借りやすいです。さらにいえば、年収も高ければ高いほど金利面などで優遇されます。兵庫のサラリーマンの知人も投資マンションの融資をゲットしました。

例え属性が悪くても、日本政策金融公庫といったところからお金を借りることは可能です。しかしながら、その場合はある程度の自己資金が必要です。私の場合は、物件価格の半分は必要とのことでかなり厳しいと感じました。それでも非正規にすらお金を貸してくれるところなので、融資先として検討するのがおすすめです。

レバレッジをきかせた投資にはなりにくいですが、不動産投資を始めたいということなら、日本政策金融公庫は低金利でお金を貸してくれるところとしてチェックしておいても損ではないと思います。


Scroll to Top