マンションの管理組合の理事

中古マンションを購入する時、総戸数の少ないマンションだと管理組合の理事にされやすいということを意識して物件を探していました。もちろん理事は避けたいと思っていましたが気に入った物件は総戸数が100戸近くありましたのでこれなら頻繁に回ってくることはないだろうと安心していました。

ところが購入して最初の総会が開かれた時、出席者の少なさに嫌な予感がしました。このような総会は出席率が低いことは当たり前だと思っていましたが、配られた資料を見ると多くの住戸が賃貸にされていてほとんど所有者は住んでいない状況がわかりました。梅田でも最近多い収益物件だったわけです。資料や話の内容から少ない人達で順番に理事を務めている実態が見えてきました。そして来年には私達にも回ってくることが判明しました。

想定外のことで購入したことを後悔しました。でも購入前には管理組合の役員はどのように決められているかまで知ることまで難しいと思いました。実際、管理組合に関することを聞いた時、そういう情報は購入前には教えられないと断られたこともありました。

この経験を通して一概に総戸数が多ければ管理組合の役員が回ってくる可能性が低いとは言えないことがわかりました。


Scroll to Top