マンションで絶対外せない条件

マンションと一戸建ての絶対的な違いって、土地の所有面積です。マンションの場合、区分所有権で固定資産税が掛かってきますが、何坪というレベルであり、地価が高くても驚くべき金額を請求されることはありません。だから、絶対に利便性のよい土地が高い場所を選ぶべきです。逆に言えば、そうでなければ、マンションを買う意味は無いと思います。ちなみに、中古物件として売る場合も建物のブランドより立地で価格が決まる要素が強いです。勿論、デベロッパーや施工業者は、非常に大切ですけどね。マンションは、通常40~50年ぐらい取り壊されるまで住むことが可能であり、老後の住環境をよく考えておくべきです。病院やスーパー等が近くにある場所だと、一生住むことも可能ですし、高齢者専用住宅や老人ホームに入居する際に売却も容易です。今後、売りたくてもなかなか売れないマンションは、増加してくることでしょう。築年数が経っていても、利便性のよいマンションは、すぐに不動産投資の投資マンションとしても売れます。

Scroll to Top